みなさん!ゴルフって楽しいですよね。始めたばかりの時は順調に上達し、飛距離もどんどん伸びていく。しかしある日突如としてまったく当たらなくなる。まさに一進一退を繰り返しながら自分と戦うスポーツです。もちろん我々も例外ではありません。「100をキル」その日を夢見て今日もクラブを振ります!ここではそんなゴルフ度100%の毎日をつづります。

<桂こけ枝>
おそらくまだ「落語家」。
人気のプロゴルファー藍ちゃんのヘソ出しスウィングに魅了され御歳40前にしてゴルフを始める。しかしムリはきかず、練習は常に移動の電車の中で読むゴルフ雑誌相手のイメージトレーニング。今ではプロ並みの腕…ではなく理屈を熟知。悲しいかな、体は思うように動かず…。
記:千葉

<千葉むつみ>
FM香川パーソナリティ。
ん~年前、当時担当していた「ウィークエンドシャトル」で桂こけ枝と出会う。すでにその頃ゴルフ教室に入門。1ヶ月間だけ週1回プロにレッスンを受ける。その後自主練習に励み何度かラウンドを体験するが、当然振った数を数える余裕などナシ。唯一記録に残したのは最後のラウンドとなった「144」。この記録を塗り替えようとこのたび再デビュー!。

« トーアゴルフセンター ☆春の感謝祭☆ | トップページ | キャスコの新商品☆BIOSPIN杜仲 »

2018年3月28日 (水)

キャスコのドルフィンに新しい仲間!DW118

番組版ゴルフのある日々では

今週から3週連続で
讃岐のゴルフメーカー
キャスコ
の新商品をご紹介していきます

ご出演は
キャスコ株式会社
開発・企画部
開発グループ
クラブ開発係

係長 濱元 剛伸 さん 

DSC_0280.JPG

ご紹介していただいたのは
バンカーが苦手な人でもラクに脱出できるウェッジ
ドルフィンウェッジ
のNEWモデル

ドルフィンウェッジDW-118

resize1370.jpg


アイアンと同じようにスクエアに打っても
ソールが働いて
ヘッドが砂に潜りすぎるのを防ぐ



各モデルの特徴
DW115 
フェースを開かなくても
ソールが機能し、ヘッドが砂に潜りすぎるのを防ぐ。
セミグーズネックなので
より球がつかまりやすい

DW116
フェースバッグ方向にラウンドと角度をつけ
開いた状態でソールが広く機能する。
エクスプロージョンショット時に
ヘッドが砂に潜りすぎるのを防ぎ、やさしく抜ける


ドルフィンウェッジ
3月31日
トーアゴルフセンターで開催される
ゴルフショップイシイ 試打会にやってきます

Posted by ゴルフのある日々 on 3月 28, 2018 at 08:29 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157047/66548466

この記事へのトラックバック一覧です: キャスコのドルフィンに新しい仲間!DW118:

コメント

コメントを書く